第149回直木賞候補作についての個人的ランキング

第149回の直木賞候補作を全部読み、感想をアップしたので以下にまとめてみました。
今回は湊かなえさんの本がなかなか借りられず遅くなってしまいました。

伊東 潤『巨鯨の海』(平成25年/2013年4月・光文社刊)
http://50595192.at.webry.info/201308/article_19.html
恩田 陸『夜の底は柔らかな幻』(上)(下)(平成25年/2013年1月・文藝春秋刊)
http://50595192.at.webry.info/201308/article_2.html
http://50595192.at.webry.info/201308/article_3.html
桜木紫乃『ホテルローヤル』(平成25年/2013年1月・集英社刊)
http://50595192.at.webry.info/201307/article_14.html
原田マハ『ジヴェルニーの食卓』(平成25年/2013年3月・集英社刊)
http://50595192.at.webry.info/201312/article_1.html
湊かなえ『望郷』(平成25年/2013年1月・文藝春秋刊)
http://50595192.at.webry.info/201403/article_1.html
宮内悠介『ヨハネスブルグの天使たち』(平成25年/2013年5月・早川書房/ハヤカワSFシリーズ
Jコレクション)
http://50595192.at.webry.info/201307/article_15.html

この時の受賞作は桜木紫乃さんの『ホテルローヤル』でした。

ちなみに私の順位付けは次の通り。

1、伊東 潤『巨鯨の海』
2、恩田 陸『夜の底は柔らかな幻』(上)(下)
2、桜木紫乃『ホテルローヤル』
2、原田マハ『ジヴェルニーの食卓』
2、湊かなえ『望郷』
6、宮内悠介『ヨハネスブルグの天使たち』

どれも甲乙つけがたいくらい魅力的でありそうでもなく…そしてSFが苦手です。
趣味感性以前に苦手です。
宮内作品ファンに失礼な順位で申し訳ない。

ちなみに、この時の【選考委員】の方々は…

(敬称略)
浅田 次郎
阿刀田 高
伊集院 静
北方 謙三
桐野 夏生
林 真理子
宮城谷 昌光
宮部 みゆき
渡辺 淳一

でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • インデックスはこちら♪

    Excerpt: 20作品以上感想を載せている作家さんについては独立してまとめてあります(敬称略) Weblog: 読書感想&日常のつぶやき♪だってそう思っただけ♪ racked: 2018-10-17 21:59