夜の底は柔らかな幻(下)(恩田陸/著)

案の定のオチなし。
恩田陸作品をいくつか読んだ人ならこれは想定内。
なのであえて感想に含まないことにして、物語そのものよりも登場人物の個性や特質に焦点をあてて考えてみました。
例えば、在色者をある病に罹っている人と考えたら?(物語の中でも風土病という考え方が記されている)
例えば、在色者をある種の障害を持つ人と考えたら?
例えば、在色者をある人種と考えたら?
例えば、在色者をある宗教を狂信している人と考えたら?
在色者の末端でいるよりも在色者いることを止めたいと考える人がいたり、在色者として上の位置に立つためなら手術を受ける人がいたり、在色者としても力を存分に発揮して殺戮の指導者になったり…在色者の部分を置き換えるだけでぐんと身近な話になったような気がしてきました。
そしてそう考えたら、オチなんてむしろないほうがいいんじゃないかという気さえしてきました。
物語を主に考えるとかなり強い尻切れトンボ感を与えられるのに…一読した時には何故このエピソードを?と疑問にさえ思った実邦と葛城のエピソードも、憎しみや人を殺すことで頭がいっぱいの人間も根っこの部分には善い部分があるのだということを表現しているような気がしてきました。
実際のところ、恩田さんがそんなことを考えて描いたかどうかは分からないのですが(笑)

夜の底は柔らかな幻 下
文藝春秋
恩田 陸

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 夜の底は柔らかな幻 下 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




夜の底は柔らかな幻(下) [ 恩田陸 ]
楽天ブックス
恩田陸 文藝春秋発行年月:2013年01月 予約締切日:2013年01月10日 ページ数:344p


楽天市場 by 夜の底は柔らかな幻(下) [ 恩田陸 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『お』から始まる作家さん

    Excerpt: 及川和男  いのちは見えるよ  http://50595192.at.webry.info/200804/article_27.html おいかわけんじ(及川賢治)  スパゲッティになりたい(.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2013-08-10 22:54
  • 第149回直木賞候補作についての個人的ランキング

    Excerpt: 第149回の直木賞候補作を全部読み、感想をアップしたので以下にまとめてみました。 今回は湊かなえさんの本がなかなか借りられず遅くなってしまいました。 Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2014-03-13 09:21