よわむしハリー(バイロン・バートン/作・絵・舟崎靖子/訳)

ハリー開眼!!
人生なにがきっかけになるか分からないっていうのは実際の人生でもある話なわけで。
サーカスに行ってかるわざしになることはやたら滅多にあることじゃないだろうけど、意外な才能開花っていうのはない話じゃない。
つまりは、よわむしねこの君の中にも隠れた何かが眠ってるかもしれないよ、というメッセージがこめられていると受け取りました。
そういう意味じゃ『ラチとらいおん』に近いかなあ、とも思いました。

よわむしハリー (世界のほんやくえほん (1))
ポプラ社
バイロン・バートン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by よわむしハリー (世界のほんやくえほん (1)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『は』から始まる作家さん

    Excerpt: ハーウィン・オラム  ぼくはおこった  http://50595192.at.webry.info/201103/article_10.html バージニア・リー・バートン  いたずらきかんし.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2013-08-29 11:57