夜の底は柔らかな幻(上)(恩田陸/著)

すごくいいところで上巻が終わりました。
主要人物は大方で揃ったようですし、序盤で張られた伏線が動き出し、物語はいよいよこれから本番!!と言ったところでしょうか。
世界観は…分かりやすい方かな。
こってりした説明がない割には理解できたと思います。
なかなか面白い流れだと思います。
でも恩田陸さんだからなあ(笑)
起承転まではある意味面白くて当然なんですよね。
ただ、最後に結があるかどうか(笑)大抵は置いてきぼりを食らっておしまいなので。
それがいい効果を生んでいると感じられる時もあるんですけどね。
少なくとも『夢違』の時はあのフェイドアウト感が馴染みました。
とりあえず、ここまでは面白かったのです。
実邦と元夫のエピソードは語られるのかな?
なぜ彼女が元夫を殺したいのかを含めてそこが気になります。

夜の底は柔らかな幻 上
文藝春秋
恩田 陸

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 夜の底は柔らかな幻 上 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




夜の底は柔らかな幻(上) [ 恩田陸 ]
楽天ブックス
恩田陸 文藝春秋発行年月:2013年01月 予約締切日:2013年01月10日 ページ数:363p


楽天市場 by 夜の底は柔らかな幻(上) [ 恩田陸 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『お』から始まる作家さん

    Excerpt: 及川和男  いのちは見えるよ  http://50595192.at.webry.info/200804/article_27.html おいかわけんじ(及川賢治)  スパゲッティになりたい(.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2013-08-04 15:59
  • 第149回直木賞候補作についての個人的ランキング

    Excerpt: 第149回の直木賞候補作を全部読み、感想をアップしたので以下にまとめてみました。 今回は湊かなえさんの本がなかなか借りられず遅くなってしまいました。 Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2014-03-13 09:21