巨鯨の海(伊東潤/著)

太地、古式捕鯨、脊美流れ、このキーワードでまず私が思い浮かべるのは第79回直木賞受賞作である津本陽氏の『深重の海』であり、この作品も同時代同地を描いた作品ではあります。
扱っているテーマが同じなので似ているといえば似ています。
端的に言ってしまうと『深重の海』は脊美流れに至るまでの背景を描いた長編小説ですが、こちらは終焉を迎えるまでの太地における古式捕鯨の歴史をなぞった短編集です。
と、ついつい思い出してしまった作品との比較はさておき。
日本人にとって捕鯨とはどういうものだったのか知るには興味深い作品だと思います。
古式捕鯨が終わるきっかけとなったのは脊美流れだと言われていますが、そもそもなぜ長年の勘にめをつぶってまで無理な捕鯨をしようとしたのか、そのきっかけにはさらっとしか触れていないのですが、米国の捕鯨船が獲った鯨をどうしていたのかを調べてみるといいかも知れません。
知的な海生哺乳類を食するのと、鯨油だけ獲って食べないのとではどっちが是で非なのか、食文化の面なども含めて現代の捕鯨問題に至るまでを知るいい機会を与えてくれると思います。
教科書では出会えない日本の歴史がつまっている一冊です。

巨鯨の海
光文社
伊東 潤

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 巨鯨の海 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




巨鯨の海 [ 伊東潤 ]
楽天ブックス
伊東潤 光文社発行年月:2013年04月18日 予約締切日:2013年04月17日 ページ数:336


楽天市場 by 巨鯨の海 [ 伊東潤 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『い』から始まる作家さん

    Excerpt: E=ジャック=キーツ  ピーターのいす  http://50595192.at.webry.info/200711/article_16.html 飯野和好  絵本の作家たちⅠ  http:.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2013-08-25 22:27
  • 第149回直木賞候補作についての個人的ランキング

    Excerpt: 第149回の直木賞候補作を全部読み、感想をアップしたので以下にまとめてみました。 今回は湊かなえさんの本がなかなか借りられず遅くなってしまいました。 Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2014-03-13 09:21