新月譚(貫井徳郎/著)

余計なお世話な感想になりますが「ずいぶん難しいテーマで書いちゃったなあ」と思いました。
書きたいものは分からなくもないんだけど、不完全燃焼というか、伝わりきらないというか、読んでてむずがゆく読み終えても尚むずがゆいです。
女流作家の語りにしてはところどころ女性としてはしっくりこない表現がまじるなあ、まあ男性作家さんが書いたのだから仕方ないか…と思っていたら、設定上男性が書いたものなんですね。
この編集者の設定は蛇足かな、と思いました。
女性になりきれない細部のフォローのために設定かな、と。
そして、咲良怜花が筆をおいた理由は、顔のよくない木之内の妻のほうが顔を変えた自分より一枚上手だったと思ったところにあるのかな、と推測するのですが、もしそうならとーっても解せないです。
違うなら私に女心が足りないのが原因かと…
あと、すごい○○が出てくる小説にありがちなのですが、すごさを表現するためにこれでもかこれでもかと、説明というか似たり寄ったりなエピソードが繰り返されていて、くどくて何度も読むのが億劫になりました。
特に、咲良怜花の小説のすごさを表すために登場人物が片っ端からすごいすごいというのには興醒めでした。
読まずしてそのすごさを感じることのできる小説なんてないですからね(苦笑)
少なくとも私は、置いてけぼりを食らってしまいました。

新月譚
文藝春秋
貫井 徳郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 新月譚 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




新月譚 [ 貫井徳郎 ]
楽天ブックス
貫井徳郎 文藝春秋発行年月:2012年04月 予約締切日:2012年04月09日 ページ数:560p


楽天市場 by 新月譚 [ 貫井徳郎 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック