へっこきあねさがよめにきて(大川悦生/文・太田大八/絵)

タイトルを見て「もしや?」と思って借りたら…やっぱり!
懐かしいです。子供ころにまんが日本昔話で知ったお話の一つです。
大まかなストーリーは覚えていたのですが、細かい部分はすっかり忘れていました。
「へや」のオチも忘れてましたが、確かアニメにもあったと思います。
へっこきってあんまりいい気はしないですよね。
実際あねさもガマンしまくっていたわけだし。
ばばさまのあっけらかんとしたというか人を責めないキャラが結構好きです。

へっこきあねさがよめにきて (おはなし名作絵本 17)
ポプラ社
大川 悦生

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by へっこきあねさがよめにきて (おはなし名作絵本 17) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




へっこきあねさがよめにきて
楽天ブックス
おはなし名作絵本 大川悦生 太田大八 ポプラ社発行年月:1982年03月 ページ数:35p サイズ:


楽天市場 by へっこきあねさがよめにきて の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『お』から始まる作家さん

    Excerpt: 及川和男  いのちは見えるよ  http://50595192.at.webry.info/200804/article_27.html おいかわけんじ(及川賢治)  スパゲッティになりたい(.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2012-06-17 09:43