コップをわったねずみくん(なかえよしを/作・上野紀子/絵)

しょうじき?しょうじきですか?
この一文はいやみ?
正直というのはずるい気持ちと葛藤することはあっても、自分の判断で正しいことをきちんと自分からいうことでしょう。
このねずみくんは言い逃れをする機会を失ってしまって本当のことを言わざるを得なくなってしまっただけ。
これを正直とは言ってほしくないです。
読んだ人の「えーっ、これはちょっと違うんじゃない?」という感想をねらっているはず、きっとそう、そう思いたい。

コップをわったねずみくん (ねずみくんの絵本 (8))
ポプラ社
なかえ よしを

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by コップをわったねずみくん (ねずみくんの絵本 (8)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




コップをわったねずみくん
楽天ブックス
ねずみくんの絵本 中江嘉男 上野紀子 ポプラ社発行年月:1980年06月 ページ数:32p サイズ:


楽天市場 by コップをわったねずみくん の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『な』から始まる作家さん

    Excerpt: 永井智哉  地球がもし100cmの球だったら  http://50595192.at.webry.info/200911/article_15.html 長井るり子  二時間だけの魔女(二時間.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2012-05-14 13:24