白い鳥(椋鳩十/ぶん・梶山俊夫/え)

搾取。体罰。
昔はこんなことが当たり前だった。
いや、形は変わっても、今でもおんなじようなことが繰り返されているのかもしれない。
とすると、さしずめ矢は国家の代表たちの無駄遣いか。
このまま国の借金が重なったら…
最後の一行におまけのようにさらっと書かれている、めしつかいたちのラストに救われます。

白い鳥 (おはなし名作絵本 13)
ポプラ社
椋 鳩十

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 白い鳥 (おはなし名作絵本 13) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




白い鳥
楽天ブックス
おはなし名作絵本 椋鳩十 梶山俊夫 ポプラ社発行年月:1981年11月 ページ数:35p サイズ:絵


楽天市場 by 白い鳥 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『む』から始まる作家さん

    Excerpt: 椋鳩十  太郎とクロ  http://50595192.at.webry.info/201001/article_34.html  白い鳥(梶山俊夫)  http://50595192.at... Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2012-05-14 13:20