本を読む機会はないよりあったほうがいい

私の母は本に価値を全く感じない人である。
それどころか、場所を食うからむしろ邪魔なもの、と思っているらしい。

なので、子供ころ買ってもらった本の記憶といえば、時期が来ればさくっと捨てられる『小学○年生』と、比較的場所をとらない『まんが日本昔話のミニ絵本』くらい。
それとは別にハードカバーの『眠れる森の美女』を一冊所持していたのだけど、それはもらい物だった。

小学生の頃、近所の児童館や児童室には足しげく通っていたけど、大して蔵書がある施設ではなかったし、一人で図書館に行くという知恵はなかった。

なので、自分がお話好きだということに長いこと気づかずにいた。

私が小学生の時は今よりずっと授業の時間数があったので、図書の時間というのがたまにあった。
今思うと、授業時間内で好きなだけ本が読めるという夢のような時間なのだが、当時の私はどうやって読みたい本に出会ったらいいのかすら分からなかった。

それから中学生になり、気に入った作家さんに出会い、少ないおこづかいをはたいて文庫本を数冊買った。

高校生になり、当時は季刊誌だったコバルトにはまり、ライトのベルの面白さを知ると同時に、いろいろなジャンルの本にも触手を伸ばすようになった。

やがて結婚して子供が生まれ、子供が幼稚園に行くようになると絵本を持って帰ってくるようになった。
そして絵本の面白さにはまるわけだが…

もし、育った家が本だらけの家だったら?
親が本を手当たり次第買い与えるタイプの人だったら?

本に興味がなかったら、そんな親は迷惑なだけなんだろうけど、私にしてみれば、今の自分よりずっとずっとはやくたくさんの本に出会える機会に恵まれることができたんだろうな、と考えてしまう。

親を恨む気持ちはないけど、なんとなく寂しい気持ちになるのは否めないのでありました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック