山のいのち(立松和平/作・伊勢英子/絵)

生き生きとした山の景色と、それとは対照的な崩れた人家。
未来を見ることを忘れてしまったような祖父と孫。
この絵本には、タイトル通り山のいのちが描かれています。
山のいのちを通して伝わってくるのは、生と死は別々のものではなく、すべてつながっているということ。
ある生き物の命が終わった時、その生き物としての一生は終わりだけど、万物の中の命としてはつながっていくんですよね。

山のいのち (えほんはともだち―立松和平・心と感動の絵本)
ポプラ社
立松 和平

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 山のいのち (えほんはともだち―立松和平・心と感動の絵本) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




山のいのち
楽天ブックス
えほんはともだち 立松和平 伊勢英子 ポプラ社発行年月:1990年09月 予約締切日:1990年08


楽天市場 by 山のいのち の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『た』から始まる作家さん

    Excerpt: 大道あや  ねこのごんごん  http://50595192.at.webry.info/201103/article_9.html 大沸次郎  スイッチョねこ  http://505951.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2012-03-14 17:08
  • 読書感想文コンクールの課題図書(小学校編)第28回~第37回

    Excerpt: 子供の頃、夏休みに頭を悩ませた人は多いと思う読書感想文コンクールの課題図書。 読みたくもない本読まされる上に感想文まで書かされるという地獄の宿題(笑)。 あの頃はあんなにイヤだったのに、最近になっ.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2012-03-14 17:12