ぼくのパパはおおおとこ(カール・ノラック/文・イングリッド・ゴドン/絵・いずみちほこ/訳)

たぶんいい絵本なんでしょう。
でも私の共感からははみ出るタイプの絵本です。
子供にとってパパって大きい存在ですよね。
体も心も。
でも、そう感じたまま大きくなれる子供ってそんなにいないのでは…そのうち、心は意外とでっかくないことに気づかされ、やがて体も追いつき…
こういうパパ、いいなあ。
うちのパパも、こんなだったらよかったのに…
この絵本を読んでそう思う子供が少なくありますように…

ぼくのパパはおおおとこ
セーラー出版
カール ノラック

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ぼくのパパはおおおとこ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『か』から始まる作家さん

    Excerpt: ガース・ウイリアムズ  しろいうさぎとくろいうさぎ  http://50595192.at.webry.info/200906/article_4.html カードラ・モハメッド(カレン・リン・.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2012-01-26 17:59
  • 読書感想文コンクールの課題図書(小学校編)第48回~第56回

    Excerpt: 子供の頃、夏休みに頭を悩ませた人は多いと思う読書感想文コンクールの課題図書。 読みたくもない本読まされる上に感想文まで書かされるという地獄の宿題(笑)。 あの頃はあんなにイヤだったのに、最近になっ.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2012-01-26 18:00