わたしのとくべつな場所(パトリシア・マキサック/文・ジェリー・ピンクニー・絵・藤原宏之/訳)

人種差別が当然のことだった時代のお話です。
差別を禁止するのではなく、差別を確固たるものにするための法律さえあった時代、先陣を切るように平等を謳ったのは、ある地にある『わたしのとくべつな場所』図書館でした。
読書は自由への入り口。なんてすばらしい言葉なんでしょう。
そして、得ることのできた、自由に勉強をする機会を生かした人たちはなんて素晴らしいのでしょう。
図書館は、何を学ぶかも自由な場所です。
それはきっと、社会が平等になっても変わらないんでしょうね。
自分の力で学んで得たものは、与えられた学習よりも自分の力になってくれるのだと思います。
ちょっと逸れますが、学習を与えられることに慣れてしまった国は、もしかすると発展停止なのかも知れませんね…

わたしのとくべつな場所
新日本出版社
パトリシア マキサック

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by わたしのとくべつな場所 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




わたしのとくべつな場所
楽天ブックス
パトリシア・C.マキサック ジェリー・ピンクニー 新日本出版社発行年月:2010年09月 ページ数:


楽天市場 by わたしのとくべつな場所 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『は』から始まる作家さん

    Excerpt: ハーウィン・オラム  ぼくはおこった  http://50595192.at.webry.info/201103/article_10.html バージニア・リー・バートン  いたずらきかんし.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2011-11-15 16:29
  • 読書感想文コンクールの課題図書(小学校編)第48回~第56回

    Excerpt: 子供の頃、夏休みに頭を悩ませた人は多いと思う読書感想文コンクールの課題図書。 読みたくもない本読まされる上に感想文まで書かされるという地獄の宿題(笑)。 あの頃はあんなにイヤだったのに、最近になっ.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2011-11-15 16:30