リスとお月さま(ゼバスティアン・メッシェンモーザー/作・松永美穂/訳)

月がおちてきたら…びっくりですよね。
月の正体は一番最初のページで明らかなので、りすたちの「つかまって」の想像がなおさらおかしいです。
しかも絵がリアル。
コミカルというかなんというか…この笑い、大好きです。

リスとお月さま
コンセル
ゼバスティアン メッシェンモーザー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by リスとお月さま の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




リスとお月さま
楽天ブックス
ゼバスティアン・メッシェンモーザー 松永美穂 コンセル発行年月:2007年02月 ページ数:1冊(ペ


楽天市場 by リスとお月さま の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『せ』から始まる作家さん

    Excerpt: セーラ・L・トムソン(文)  どこでもない場所―IMAGINE A PLACE―  http://50595192.at.webry.info/201008/article_8.html  真昼.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2011-11-24 21:57