香具師の旅(田中小実昌/著)

『浪曲師朝日丸の話』
『ミミのこと』
『香具師の旅』
終戦後の日本のちょっとみだらな一面と言ったら語弊があるでしょうか。
そんな時代を振り返る形で描かれています。
『母娘流れ唄』
そして、この作品ではそんな時代を探す形で描く形になり。
『鮟鱇の足』
『味噌汁に砂糖』
そしてさらに、そんな時代を過ぎて行き着いたところを描く形になていると思いました。
全作品に共通して言えるのは私小説ということ。
そして、主人公の人生の設定も共通していると言っていいでしょう。
おそらく、作者の人生がかなり色濃く反映されているのだと思います。
舞台になっている時代の空気が濃くてそれなりに楽しめましたが、同じタイプの本をもう一冊、という気にはなれそうにないと思いました。

香具師の旅 (河出文庫)
河出書房新社
田中 小実昌

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 香具師の旅 (河出文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




香具師の旅
楽天ブックス
河出文庫 田中小実昌 河出書房新社発行年月:2004年07月 ページ数:265p サイズ:文庫 IS


楽天市場 by 香具師の旅 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『た』から始まる作家さん

    Excerpt: 大道あや  ねこのごんごん  http://50595192.at.webry.info/201103/article_9.html 大沸次郎  スイッチョねこ  http://505951.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2011-09-29 21:24
  • 私が読んだ直木賞受賞作

    Excerpt: 私が読んだ直木賞受賞作メモです。 Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2011-09-29 21:28