天才スマリヤンのパラドックス人生(レイモンド・スマリヤン/著・高橋昌一郎/訳)

正直、全部が全部理解できたわけではありませんが…スマリヤン教授がユーモアとウイットに富んだ人であり、たくさんの人や物を愛している方だというのは分かりました。
寄り道ばかりの本書を満喫、寄り道する人生の素晴らしさを本書に見ました。
エレガントなジョークは美しい矛盾なんですね。
どうりで最近の日本のお笑い番組が面白くないわけです。
この本の中でとりわけ私が笑ったのは、ジョーク創作クラブのナンバリングされたジョークの話と、プログラマーとエンジニアの飛行機内でのやりとりです。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『れ』から始まる作家さん

    Excerpt: 令丈ヒロ子  メニメニハート  http://50595192.at.webry.info/201011/article_31.html  ぼよよんのみ  http://50595192.at.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2011-09-21 18:11