おひさまをほしがったハヌマン―インドの大昔の物語「ラマーヤナ」より(A.ラマチャンドラン/さく・え)

インドの昔話らしいのですが、どうやらこのお話はそのほんの一部らしいです。
ハヌマンはたくさんのりっぱなことをしました、と最後にありますが、この絵本で語られているのは、かぜの神ワーユの息子ハヌマンが生まれ一度死んでしまうまでです。
インドラの怒りを買ったが故のことなのですが、生き返ったあとのハヌマンの物語にも興味を抱きました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『ら』から始まる作家さん

    Excerpt: ラッセル・ホーバン  フランシスのいえで  http://50595192.at.webry.info/201006/article_23.html  フランシスのおともだち  http://.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2011-08-11 18:25
  • 童話・民話・昔話

    Excerpt: アイヌの昔話  ケマコシネカムイ  http://50595192.at.webry.info/201006/article_6.html  パナンペのはなし(アイヌ民話がもとになっている) .. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2011-08-11 18:26