恋しぐれ(葉室麟/著)

俳人であり絵師である与謝蕪村と蕪村をめぐる人々の恋の話です。
与謝蕪村の名前ぐらいは知っていました。
句も、少しばかりは知っていました。
でも人となりに興味を持ったことは一度たりともありませんでした。
なのに面白く読めました。
いつもながら、葉室作品は登場人物がしっかり描かれていて魅力的です。
7つの短編がほぼ時系列に並び、絡み合っています。
読み終えてからは、本の装丁を愉しみました。

恋しぐれ
文藝春秋
葉室 麟

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 恋しぐれ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




恋しぐれ (単行本・ムック) / 葉室麟/著
CD&DVD NEOWING
★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。


楽天市場 by 恋しぐれ (単行本・ムック) / 葉室麟/著 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『は』から始まる作家さん

    Excerpt: ハーウィン・オラム  ぼくはおこった  http://50595192.at.webry.info/201103/article_10.html バージニア・リー・バートン  いたずらきかんし.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2011-07-25 21:03
  • 第144回直木賞候補作についての個人的ランキング

    Excerpt: 第144回の直木賞候補作を全部読み、感想をアップしたので以下にまとめてみました。 池井戸 潤『下町ロケット』(平成22年/2010年11月・小学館刊) http://50595192.a.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2011-11-28 22:08