しあわせの石のスープ(ジョン・J・ミュース/さく・え・三木卓/やく)

大人絵本で『せかいいちおいしいスープ』が取り上げられたのを機に借りた一冊。
舞台は中国ですが、書いたのは東洋思想に感心の深いアメリカの方だそうです。
元になったお話は『せかいいちおいしいスープ』と同じで、舞台をかえて中国でおなじことがあったら、という風にアレンジがされているようです。
他にも元が同じと思われるお話をいくつか読んでみましたが、それぞれ味が違って面白いです。
中国文化の中で育った人の感想を聞いてみたいと思いました。
この絵本では、バラバラになった人々の心をまとめるのに必要なもの、というところに焦点が当てられていました。

しあわせの石のスープ
フレーベル館
ジョン・J. ミュース

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by しあわせの石のスープ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『し』から始まる作家さん

    Excerpt: 椎名誠  なつのしっぽ  http://50595192.at.webry.info/200906/article_22.html  働く子どもたち(きみに贈るつばさ物語)  http://5.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2011-07-17 12:19