パパのしごとはわるものです(板橋政弘/作・吉田尚令/絵)

子供にとって父親が何の仕事をしてるのかって結構重要だったりするんですよね。
と同時に、子供にとって正義の味方の存在も重要だったりするんですよね。
だから、自分の父親の仕事がわるものって分かって、複雑な気持ちになるぼくの気持ち、なんとなく分かります。
私の父は子供の口では説明するのが難しい仕事をしていて、幼稚園の先生に尋ねられた時うまく伝えられなかったことがあり、それだけで凹んだ記憶があるので。
わるものだって大切なお仕事。
もうちょっと大きくなったら自慢のお父さんって思えるんじゃないかな。

パパのしごとはわるものです (えほんのぼうけん27)
岩崎書店
板橋 雅弘

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by パパのしごとはわるものです (えほんのぼうけん27) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『い』から始まる作家さん

    Excerpt: E=ジャック=キーツ  ピーターのいす  http://50595192.at.webry.info/200711/article_16.html イーラ  二ひきのこぐま  http://.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2011-06-20 18:12