たいようオルガン(荒井良二/作)

頭で考える本じゃなくて、心で感じる絵本です。
オルガンの独特のあの音の響きと伸び方をイメージしながら心の中でゾウバスを走らせながらページを繰ればあら不思議。
読み終えた後、せかせかしてるのがバカらしくなりました。
丁寧に一つずつ大切なものを重ねて生きなきゃなあ、と思いました。
なんて不思議な絵本なんでしょう。

たいようオルガン
偕成社
荒井 良二

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by たいようオルガン の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




たいようオルガン
楽天ブックス
荒井良二アートン新社この著者の新着メールを登録する発行年月:2007年05月登録情報サイズ:絵本ペー


楽天市場 by たいようオルガン の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『あ』から始まる作家さん

    Excerpt: アーサー・アランサム  シロクマ号となぞの鳥  http://50595192.at.webry.info/200907/article_46.html アイリーン・ハース  わたしのおふねマ.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2011-04-18 22:47