悪名の棺―笹川良一伝/工藤美代子・著)

と~じまりよ~じんひのよ~じん♪ビンゴ世代です。
強面で行列の先頭に立って町を練り歩く姿が今でも脳裏に残ります。
歌詞はとっても人として大事なことを歌っているのに出ている人は悪人なんだと、子供の耳にも入ってきてました。
本書の中にも出てきましすが、おそらく「右手で汚れたテラ銭を集め、左手で浄財として配る」人だったのでしょう。
それをよしとする人とよしとしない人がいるのでしょうね。
他国のことは分かりませんが、日本では汚い金というものに抱く嫌悪感が顕著だと思います。
まあ確かに、奪い取った金をふところにしまってほくほくするのはいいことじゃないですね。
ですが笹川氏はこれを福祉に投資していたご様子です。
ただ、個人の中にあった福祉なので限られた分野ではありますが。
この限られた、というところにも悪評が立つ要因があったのではないかと思います。
悪人か善人かはこの本を読んだだけでは分かりません。
ですが、高度経済成長期の日本に深く関わった人物の伝記として興味深く読みました。

悪名の棺―笹川良一伝
幻冬舎
工藤 美代子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 悪名の棺―笹川良一伝 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




悪名の棺 笹川良一伝
楽天ブックス
工藤美代子 幻冬舎発行年月:2010年10月 ページ数:415p サイズ:単行本 ISBN:9784


楽天市場 by 悪名の棺 笹川良一伝 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『く』から始まる作家さん

    Excerpt: 草場一壽  いのちのまつり「ヌチヌグスージ」  http://50595192.at.webry.info/200808/article_21.html くすのきしげのり  おこだでませんよう.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2011-04-08 17:24