おおきなかぬー(大塚勇三/再話・土方久功/画)

ポリネシアの伝わるお話です。
森を守る者とそれを利用する人間との関わりを描いた一冊と思います。
粗末にするな、理由もなく自然を殺すな、という戒めがこめられているようです。
日本でも、かつてはこうやって自然から生活の糧や生活に必要なものを頂いていたのに、いつの間にやら「守りましょう」だなんて上から見るようになってしまいましたね。
自然は人間のものではありません。
人間は自然に生かせて頂いているんだと改めて感じました。

おおきなかぬー (こどものとも世界昔ばなしの旅2)
福音館書店
大塚 勇三

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by おおきなかぬー (こどものとも世界昔ばなしの旅2) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『お』から始まる作家さん

    Excerpt: 及川和男  いのちは見えるよ  http://50595192.at.webry.info/200804/article_27.html おいかわけんじ  スパゲッティになりたい  http.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2011-02-11 11:36
  • 童話・民話・昔話

    Excerpt: アイヌの昔話  ケマコシネカムイ  http://50595192.at.webry.info/201006/article_6.html  パナンペのはなし(アイヌ民話がもとになっている) .. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2011-02-11 11:38