インシテミル(米澤穂信/著)

評価が低いのは、あくまでも私の好みの問題かと思われます。
世間的評価が高いので、ミステリー好きでない私でも楽しめると思ったのですが…
バイト募集で集められた、という設定が物語全体の面白さを削いでいると感じました。
どんな事件が起きても芝居っぽく、私はてっきり、結城の行動観察のために一芝居打たれたものだと思って読み進めてしまいました。
物語そのものがミステリーというか、結末も設定もミステリーのままの印象。
唯一面白いと感じたのは、西野の死に方に関する部分でした。
けどそれだけ。
あとは、緊迫感のなさが物語を台無しにしているとも思いました。
映画になったみたいだけど、映像なら監督の腕次第で面白いんじゃないかな?

インシテミル
文藝春秋
米澤 穂信

ユーザレビュー:
映画とセットなら読了 ...
普通正直オチがすごい ...
ミステリトリビアも交 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by インシテミル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




インシテミル
楽天ブックス
米澤穂信文藝春秋この著者の新着メールを登録する発行年月:2007年08月登録情報サイズ:単行本ページ


楽天市場 by インシテミル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『よ』から始まる作家さん

    Excerpt: ヨーレン(詩)  月夜のみみずく  http://50595192.at.webry.info/201008/article_2.html 横森理香  LOVERS(旅猫)  http://.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2010-10-27 21:10