地球へのピクニック(谷川俊太郎/詩・長新太/絵)

子供の頃、学級文庫や教科書の中に谷川さんに作品はさりげなくあった。
作者を意識しない頃から、谷川さんの作品に触れる機会に恵まれたことは幸せなことだと思う。
そして、詩を余り好まなかった私が、この詩を書いたのは誰だろう?と初めて意識したのが谷川さんの朝のリレーだった。
教科書で出会ったその詩の、身近さと壮大さにほれ込んだ。
今読んでもいい詩である。
子供の頃は思春期に感動しても、大人になるとそうでもなくなり、そんな自分に幾度かがっかりしたことがあったが、谷川さんの詩は何度読んでもいつ読んでも感じるものがある。
子供たちのも同じ気持ちを贈りたいので、これからも教科書に採用し続けて欲しいと思う。

地球へのピクニック (ジュニア・ポエム双書 (14))
銀の鈴社
谷川 俊太郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 地球へのピクニック (ジュニア・ポエム双書 (14)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




地球へのピクニック
楽天ブックス
商品副データ谷川俊太郎詩集ジュニア・ポエム双書谷川俊太郎/長新太銀の鈴社この著者の新着メールを登録す


楽天市場 by 地球へのピクニック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 谷川俊太郎の作品

    Excerpt: 谷川俊太郎  わたし  http://50595192.at.webry.info/200703/article_109.html  あな  http://50595192.at.webry... Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2010-08-30 11:48