狂骨の夢(京極夏彦/著)

だんだんとキャラが立って来ましたね!
けど、京極堂ファンの私としては、なかなかでてこなくてちょっとやきもき(?)
今回は、総てのカードが出揃い、満を持しての登場と言った感じでした。
内容的には、おおよそ先読みできました。
なので答えあわせ的な読み進み方でした。
ラストがちょっと意外だったかな、と思った他は、おおよそ面白く読めました。
ただ、朱美と民江の関係の描かれ方が、他に比べて薄っぺらい気がしてしまいました。
まあ内容的に、その部分にそんなにページ数は割けないとは思うのですが。
京極堂があまりコアに語らなかったせいか、全体的に前二作よりも読みやすくはあった気がします。
ちなみに一番気にったくだりは、榎木津のセリフ「救われないのは救われたくないからに決まっている。さって信じるものは救われるというじゃないか」(笑)

狂骨の夢 (講談社ノベルス)
講談社
京極 夏彦

ユーザレビュー:
稀代のストーリーテラ ...
衝撃的なラストだった ...
さまざまな「夢」を、 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




狂骨の夢
楽天ブックス
商品副データ本格小説講談社ノベルス京極夏彦講談社この著者の新着メールを登録する発行年月:1995年0


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『き』から始まる作家さん

    Excerpt: きうちかつ  やさいのおなか  http://50595192.at.webry.info/200803/article_19.html 菊田まりこ  いつでも会える  http://505.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2010-07-10 21:44