おくりもの(公文みどり/作)

ある少女のこころの物語。
すごくシンプルに描かれているけれど、とっても大きなものがあります。
つらい時間を乗り越えるのに必要なのはなんなんだろう?
優しい言葉でも強い励ましでもなく、ただじっとそばで待っていることなんでしょうね。
けど、周囲にいるものにとってはこれが結構難しいのですが。
みけちゃんの力もすごいけど、ここぞというときにしっかり抱きとめたお母さんもすごいと思いました。

おくりもの
玉川大学出版部
公文 みどり

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『く』から始まる作家さん

    Excerpt: 草場一壽  いのちのまつり「ヌチヌグスージ」  http://50595192.at.webry.info/200808/article_21.html くすのきしげのり  おこだでませんよう.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2010-07-02 12:41