山になった巨人・白頭山ものがたり(リュウ チェスウ/作・絵・イ サンクム・まついただし/共訳)

韓国の神話だと思って読んだのですが、調べたら、作者の創作神話だということを知りました。
ちょっとがっかり。
言い伝えに忠実なものが読みたいと思いました。
白頭山が目覚めるのは韓国が窮地に陥ったとき、なので、白頭山は眠ったままの方がよい、という流れはとてもよかったのですが。

山になった巨人―白頭山ものがたり (世界傑作絵本シリーズ―韓国の絵本)
福音館書店

ユーザレビュー:
朝鮮の創世記白頭山は ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




韓国の絵本 山になった巨人?白頭山ものがたり
ハングルの森 楽天市場店
【商品説明】 ■文・絵:リュウ・ジェス ■出版社:보림


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『り』から始まる作家さん

    Excerpt: 李英儒(リーインルー)  野火と春風は古城に闘う―中国現代文学選集12長編小説Ⅳ  http://50595192.at.webry.info/200908/article_1.html リトワ.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2010-04-29 22:50