あたま山(舟崎克彦/文・林恭三/絵)

もとは落語なんですね。
どうりで言葉にリズム感があるわけですね。
素っ頓狂な話の流れが落語っぽくていいですが、オチがなんとも救われない。
大人にはちょっとブラックな感じでいいかもしれないけど、絵本としてはちょっと、ね。

あたま山 (そうえんしゃ日本のえほん)
そうえん社
舟崎 克彦

ユーザレビュー:
大人も楽しめる絵本舟 ...
シュールな古典落語昨 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




あたま山
楽天ブックス
商品副データそうえんしゃ日本のえほん舟崎克彦/林恭三そうえん社この著者の新着メールを登録する発行年月


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『ふ』から始まる作家さん

    Excerpt: 深田祐介  炎熱商人  http://50595192.at.webry.info/200905/article_46.html 武鹿悦子  おひるねじかんにまたどうぞ  http://50.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2010-04-18 17:20