ほうすけのひよこ(谷川俊太郎/作・梶山俊夫/絵)

確かにめんどりを盗んだのは許されることではなかったのかも知れないけど、何故話を聞かずに一方的に成敗したのか。
状況証拠だけでなく、聞く耳を持つということは重要なことなんですよね。
ほうすけを一方的にとっちめた瞬間、村人たちは大事なものを失ってしまったんですね。
それがお墓の花にあらわされているんだな、と思うと悲しさが深まります。

ほうすけのひよこ
解放出版社
谷川 俊太郎

ユーザレビュー:
償っても犯した罪は消 ...
何だか切ないお話だ何 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 谷川俊太郎の作品

    Excerpt: 谷川俊太郎  わたし  http://50595192.at.webry.info/200703/article_109.html  あな  http://50595192.at.webry... Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2010-04-01 23:09