なんでもぽい!(山中恒/作・原ゆたか/絵)

怖いけどいいお話だなあ、と思うのは、自分が叱る側になったからでしょうね。
子供のときに読んでたら、少なくとも素直には読めなかったと思います。
序盤は、おかたづけできない子に対する「おかたづけしようね」ってお話なのかと思ったのですが、最後まで読んでみると、物を粗末にすることや、自己中心的な考えを戒めるお話なのかな、と思いました。

なんでもぽい (創作こども文庫 3)
偕成社
山中 恒

ユーザレビュー:
大切なことを気づかせ ...
ポイ!部屋の片付けが ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『や』から始まる作家さん

    Excerpt: ヤー・ノシュ  おばけリンゴ  http://50595192.at.webry.info/200812/article_67.html やぎゅうげんいちろう  かさぶたくん  http:/.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2010-02-28 17:04