SOSの猿(伊坂幸太郎/著)

意外に面白かったです。
メビウスの輪みたいに、あれ?つなが…る?…ったあ!!的な構築と、五十嵐のキャラが好きでした。
賛否の分かれるところの、伊坂的わざとらしい会話も光ってたし(笑)
因果関係って面白い。
突き詰めたらきりがないけど、どんなものにもあるもんだし。
ちょっと無理矢理なところがあるのは否めないけど、それも含めてひとつの話として結果的にまとまってたので良いのではないかと。
あと、人は、教えてもらって変わるもんじゃなくて、自分で気づいて変わるもんなんだな、って思わせられる部分があって、そういうメッセージもいいな、と思いました。

SOSの猿
中央公論新社
2009-11-26
伊坂 幸太郎

ユーザレビュー:
新聞の挿絵で見たかっ ...
ちょっと苦手…何より ...
自分の心生意気かもな ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




SOSの猿
楽天ブックス
伊坂幸太郎中央公論新社この著者の新着メールを登録する発行年月:2009年11月登録情報サイズ:単行本


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『い』から始まる作家さん

    Excerpt: E=ジャック=キーツ  ピーターのいす  http://50595192.at.webry.info/200711/article_16.html イエラ・マリ/エンゾ・マリ  りんごとちょう.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2010-02-03 22:10