廃墟に乞う(佐々木譲/著)

休職中っていう設定はどうなのかな?
休職中なのにも関わらず仕事に関わりすぎだし。
こんなに簡単に適当に後遺障害って治るとは思えないのですが。
まあ治癒に関しては本来の筋には関係ないのでここまでにして…
※以下、ネタバレに近い内容があるので未読の方はご注意ください。
『オージー好みの村』
北海道の現況を加味した興味深い作品になっていると思います。
閉鎖した土地の者と新しいものを取り入れていこうとする者、そして利用しようとする心と利用される者、足元をすくわれて流されるものと流されぬまい堪える者の在る様子が描かれていました。
『廃墟に乞う』
表題作。ニュースでは目に耳にしたことのある夕張。廃墟という言葉がしっくりするような土地になっているとは…真っ直ぐに見るのがちょっときついです。
『兄の想い』
これもやはり、新しいものと古いものの狭間で起こった事件と言えるでしょう。間違っているのに間違っていると言えない悲しさがありました。
『消えた娘』
実際にあった事件をモチーフにいるようです。文章中にもその下りが出てきます。犯罪は起こさないほうがいいに決まっているけれど、犯人には真相を明かす義務があると思いました。
『博労沢の殺人』
ネタバレになってしまうかも。直接手を下さなくても殺人は出来る。世の中、賢しいヤツの勝ちなのか?この事件は、犯人が捕まっても解せないです。
『復帰する朝』
これもネタバレになってしまうかも。結局この事件の真犯人って、春香でも元従業員でもないですよね。春香のことについてはすごい感度の耳を持っていたあの人なのでは?少なくとも、私が春香だったら幸恵のところに乗り込んだ後に猫に手を下します…。
…怖っ。

廃墟に乞う
文藝春秋
佐々木 譲

ユーザレビュー:
満足できる出来でした ...
それぞれに独特の雰囲 ...
ソフトタッチの警察小 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




廃墟に乞う
楽天ブックス
佐々木譲文藝春秋この著者の新着メールを登録する発行年月:2009年07月登録情報サイズ:単行本ページ


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『さ』から始まる作家さん

    Excerpt: 斉藤洋  たんていワンダ  http://50595192.at.webry.info/200804/article_17.html  ペンギンたんけんたい  http://50595192... Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2010-02-01 10:33
  • 私が読んだ直木賞受賞作

    Excerpt: 私が読んだ直木賞受賞作メモです。 Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2010-02-01 10:34
  • 第142回直木賞候補作についての個人的ランキング

    Excerpt: 第142回直木賞候補作についての個人的ランキング Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2010-06-07 01:12