考える絵本4美(日比野克彦/作)

美とは、創造から生まれるものではなくて想像から生まれるものである。
美は、そこにあるものでもそこから感じるものでもなく、自分の中で生まれるものである。
表現力(創造力)よりも想像力が美の源なんですね。

考える絵本〈4〉美 (考える絵本 4)
大月書店
日比野 克彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年12月06日 15:53
私の知る「美とは何か」という答えは「その形態、または、見えるものに抵抗を感じないもの」。前面的に感性に受け入れられるものだと思うのですが・・・それは想像して、創造でき得ると思うのですがどうですか?
お茶々
2009年12月06日 22:17
私の感想はあくまでもこの本を読んでの感想であり、『美』そのものにたいしての感想ではないのですが、それはご理解いただけてますか?
この本を読まれた上での感想を含めたコメントということでしたら見解の相違ですね。
2009年12月06日 23:08
そうですね。その本を読んだわけでもないのに、ちょっと日ごろ「美とは何か」という課題に取り付かれていたもので、いい加減な見解のままコメントしてしまいました。反省します。
お茶々
2009年12月06日 23:14
いえいえ、読書感想ブログとはいえ、みなさんがその経由でいらっしゃるわけではないのは分かってますので。
もし機会があったらこの本を手にと手見てください。
差し出がましいですが、もしかすると課題の参考になるかもしれないので。

この記事へのトラックバック

  • 『ひ』から始まる作家さん

    Excerpt: B・K・ウィルソン  こねこのチョコレート  http://50595192.at.webry.info/200905/article_41.html ピーター・シス  三つの金の鍵  ht.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-12-04 23:49