機雷(光岡明/著)

変な表現ですが、戦争を華々しく、というか、戦争の表舞台を描いた作品は多くあると思います。
もしくは、残された者たちの逼迫困窮していく生活を描いたものとか。
この本は、戦争に参加しながらも、決して『散る』という言葉が似合わない死と向き合っている人間の物語です。
攻撃に向かうのではなく敵を待ち、待ち続けたまま知られずに朽ち果てることの多い兵器、機雷。
まさにそんな任務を負った人物が主軸です。
潔く散ることを美だと当たり前に考える世の中。
同じ戦争による死でありながら、死の意味に上下を感じてしまう世の中。
それは間違っている、と言うことだけは言えると思います。

ところで、この本のいいたいところってそんなことなのでしょうじゃ?
自分の理解度にちょっと納得がいきません。
戦争を見る角度?切り口?には惹かれましたが、説明部分が多くて読むのが億劫でした。
読む人を選ぶかなあ、という印象です。

機雷
講談社
光岡 明

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『み』から始まる作家さん

    Excerpt: 三浦しをん  ロマンス小説の七日間  http://50595192.at.webry.info/200703/article_50.html  まほろ駅前多田便利軒  http://5059.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-09-04 16:34
  • 私が読んだ直木賞受賞作

    Excerpt: 私が読んだ直木賞受賞作メモです。 既読でも感想が載っていない作品には(無)と記入してあります。 もう一回読み直して感想をアップしたいなあ、とは思ってます。 Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-09-04 16:36
  • 【感謝】8月26日でブログが9周年をむかえたそうな【感謝】

    Excerpt: ちょっと前、ウェブりブログより『ブログ開設9周年』のお知らせメールが来ていました。 Weblog: 読書感想&日常のつぶやき♪だってそう思っただけ♪ racked: 2015-08-29 13:41