きのうの世界(恩田陸/著)

序盤で「Q&Aっぽいなあ」と思うと同時に、オチは大丈夫なのか?と心配になりました。
そしたら案の定…オチが強引。
不思議なお話なんだからいいじゃない、といえばそれまでなのかもしれませんが、オチ以外の部分にはリアリティを追求してる(と思う)ので違和感ありありです。
途中までは面白いんだけどなあ。
神がかり的なものにするならする、理屈で固めるなら固める、どっちかにすればいいのに…。
ところで、亀とハサミと天の川の理由は?
私が読み逃したのかなあ。

きのうの世界
講談社
恩田 陸

ユーザレビュー:
納得のいくラスト恩田 ...
視点に関する技巧恩田 ...
ぶ厚いのに一日で読ん ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『お』から始まる作家さん

    Excerpt: 及川和男  いのちは見えるよ  http://50595192.at.webry.info/200804/article_27.html 逢坂剛  カディスの赤い星  http://5059.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-08-17 23:09
  • 第140回直木賞候補作についての個人的ランキング

    Excerpt: 第140回の直木賞候補作を全部読み、感想をアップしたので以下にまとめてみました。 Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-08-17 23:24