どうぶつえんのおいしゃさん(降矢洋子/さく・増井光子/監修)

うーん、こういう本読むと、今、日本各地で経営難に追いやられている動物園、みんななくしちゃっていいんじゃないかな、って思っちゃいます。
やっぱり、檻の中にいるって不自然ですよね。
動物園にいるからこそ罹る病気も多いだろうし、例え寿命が短くなったとしても自然に生きていたいでしょうね、動物たち。
生きてる動物を見るってそんなに大事なことかなあ?
どうぶつえんのおいしゃさんが大変なのはよく分かる絵本ですけどね…。

どうぶつえんのおいしゃさん (かがくのとも傑作集―どきどきしぜん)
福音館書店
降矢 洋子

ユーザレビュー:
動物のお医者さんにな ...
獣医さんになりたくな ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




どうぶつえんのおいしゃさん
楽天ブックス
かがくのとも傑作集 著者:降矢洋子出版社:福音館書店サイズ:絵本ページ数:27p発行年月:1982年


楽天市場 by ウェブリブログ



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『ふ』から始まる作家さん

    Excerpt: 深田祐介  炎熱商人  http://50595192.at.webry.info/200905/article_46.html 武鹿悦子  おひるねじかんにまたどうぞ  http://50.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-07-20 22:27