きたかぜとピオ(アラン・バルトマン/作・たにかわしゅんたろう/文)

この絵本作家さん、フランスの方だそうです。
東洋美術の精神性を愛している、と紹介にあるように全体的にとっても東洋的です。
けど日本的とは違うのでエキゾチックです。
文・谷川俊太郎とありますが、おそらく翻訳をされてのだと思います。
けど、なんだかとっても谷川俊太郎さんぽいんです!!
実際の話なのか、空想の話なのか、本の中に入っちゃった話なのか、ちょっとミステリアスな印象があるところが。
このコンビネーションは無敵かも!?

きたかぜとピオ
福武書店
アラン バルトマン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『あ』から始まる作家さん

    Excerpt: 青木和雄、吉富多美、共著   ハッピーバースデー   http://50595192.at.webry.info/200703/article_92.html 青島幸男  人間万事塞翁が丙午 .. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-07-15 10:05