読書感想文コンクールの課題図書(小学校編)第28回~第37回

子供の頃、夏休みに頭を悩ませた人は多いと思う読書感想文コンクールの課題図書。
読みたくもない本読まされる上に感想文まで書かされるという地獄の宿題(笑)。
あの頃はあんなにイヤだったのに、最近になって興味を持ち始めて読んでみることにしました。
それは、子供たちが小学生になり、過去の課題図書は子供にとって果たして魅力のある本であるのだろうか?という疑問を持ったことがきっかけでした。
お子さんをお持ちでお子さんに本を買ってやったことのある親なら、一度くらいは感じたことがあると思うのですが…『子供が好きな本』『大人が好きな本』『大人が子供に読ませたい本』って異なると思いませんか?

とりあえず一覧を以下に載せましたが、
感想のある本にはリンク先を貼ってあります。
ちなみに第7回までは課題がありませんでした。

第28回課題図書(1982年)
『低学年』
岸 武雄・作/二俣英五郎・絵『けんぼうは1年生』ポプラ社
森 はな・さく/梶山俊夫・え『こんこんさまにさしあげそうろう』PHP研究所
安藤美紀夫・作『おばあちゃんの犬ジョータン』岩崎書店
増田房樹・写真・文『オコジョのすむ谷』あかね書房
『高学年』
灰谷健次郎・さく『きみはダックス先生がきらいか』大日本図書
ジーン・ケンプ・作/松本亨子・訳『わんぱくタイクの大あれ三学期』評論社
菊地澄子・作『峠を越えて』小学館
鈴木聡子・著『さと子の日記』ひくまの出版

第29回課題図書(1983年)
『低学年』
梅田俊作・佳子・さく『おやつがほーいどっさりほい』新日本出版社
あまんきみこ・作/上野紀子・絵『ちいちゃんのかげおくり』あかね書房
http://50595192.at.webry.info/200806/article_19.html
宮川ひろ・作/林 明子・絵『びゅんびゅんごまがまわったら』童心社
ジョアンナ・コール・文/つぼいいくみ・訳/ジェローム・ウェクスラー・写真『こいぬがうまれるよ』福音館書店
『高学年』
ラッセル・E・エリクソン・作/佐藤凉子・訳/ローレンス・D・フィオリ・画『火よう日のごちそうはひきがえる』評論社
吉本直志郎・作/中島きよし・絵『とびだせバカラッチ隊』ポプラ社
木村光良・作/金尾恵子・絵『みつばちの家族は50000びき』文研出版
岡本文良・作/高田 勲・絵『ことばの海へ雲にのって』PHP研究所

第30回課題図書(1984年)
『低学年』
東 君平・文/和歌山静子・絵『ちびねこミッシェル』童心社
山下明生・作/岩村和朗・絵『お父さんのかさはこの子です』ひくまの出版
川北亮司・作『へんしん!スグナクマン』草炎社
いぬいとみこ・作『ゆうびんサクタ山へいく』理論社
『高学年』
赤木由子・作『ぼくら三人にせ金づくり』小峰書店
川村たかし・作『投げろ魔球!カッパ怪投手』ポプラ社
チボール・セケリ・作/高杉一郎・訳『ジャングルの少年』福音館書店
手島悠介・文/善元幸夫・協力『ぼく日本人なの?:中国帰りの友だちはいま…』ほるぷ出版

第31回課題図書(1985年)
『低学年』
フランク・アッシュ・え・ぶん/山口文夫・やく『ぼく、お月さまとはなしたよ』評論社
W・ハラント・作/C・O・ディモウ・絵/若林ひとみ・訳『おじいちゃんだいすき』あかね書房
http://50595192.at.webry.info/201011/article_2.html
上崎美恵子・作『長いしっぽのポテトおじさん』岩崎書店
今泉吉晴・ぶん/田中豊美・え『がんばれ ひめねずみ』新日本出版社
『高学年』
メアリー・リトル・作/定松 正・訳『子ねこをつれてきたノラねこ』さ・え・ら書房
クレイトン・ベス・作/犬飼千澄・訳『大きな木の下で』ぬぷん児童図書出版
島崎保久・原作/関屋敏隆・版画・文『馬のゴン太旅日記』小学館
藤井 旭・作『星になったチロ:イヌの天文台長』ポプラ社

第32回課題図書(1986年)
『低学年』
もりやまみやこ・作/つちだよしはる・絵『きいろいばけつ』あかね書房
http://50595192.at.webry.info/200710/article_6.html
安房直子・ぶん/南塚直子・え『やさしいたんぽぽ』小峰書店
渡辺有一・作『はしれ、きたかぜ号』童心社
小川 宏・作『ハチのおかあさん』新日本出版社
『高学年』
竹崎有斐・作『まぼろしの4番バッター』ひくまの出版
山下明生・作『海のコウモリ』理論社
赤木由子・作『生きるんだ!名犬パール』ポプラ社
大竹三郎・著『橋をかける:川と水とくらし』大日本図書

第33回課題図書(1987年)
『低学年』
日比茂樹・作『おばけになったアサガオのたね』草土文化
菊地ただし・作『まいこはまいごじゃありません』草炎社
最上一平・さく『かみなり雲がでたぞ』新日本出版社
スーザン・バーレイ・さく・え/小川仁央・やく『わすれられないおくりもの』評論社
『高学年』
岩本敏男・作『ねこのポチ』PHP研究所
佐藤州男・作『新ちゃんがないた!』文研出版
三芳悌吉・さく『ある池のものがたり』福音館書店
手島悠介・文『大地震が学校をおそった』学習研究社

第34回課題図書(1988年)
『低学年』
ジョアンナ・トゥロートン・さく/山口文生・やく『天の火をぬすんだウサギ』評論社
江崎雪子・さく『えっちゃんとこねこムー』ポプラ社
http://50595192.at.webry.info/200804/article_5.html
浅野庸子・文/浅野輝雄・絵『おかではたらくロバのポチョ』文化出版局
赤座憲久・ぶん/鈴木義治・え『雨のにおい星の声』小峰書店
『高学年』
斎藤 洋・作『ルドルフとイッパイアッテナ』講談社
今関信子・作『小犬の裁判はじめます』童心社
和田 登・作『望郷:中国残留孤児の父・山本慈昭』くもん出版
田川日出夫・文/松岡達英・絵『生物の消えた島』福音館書店

第35回課題図書(1989年)
『低学年』
渡辺一枝・ぶん/長 新太・え『こぶたがずんずん』あすなろ書房
http://50595192.at.webry.info/201105/article_8.html
ハーウィン・オラム・文/きたむらさとし・絵・訳『ぼくはおこった』佑学社
http://50595192.at.webry.info/201103/article_10.html
森山 京・作『子だぬきタンタ化け話』教育画劇
松岡達英・え/大野正男・ぶん『地面の下のいきもの』福音館書店
『高学年』
最上一平・作『ブーちゃんの秋』新日本出版社
上崎美恵子・作『海からとどいたプレゼント』岩崎書店
三輪裕子・作『緑色の休み時間:広太のイギリス旅行』講談社
高橋良治・文『鶴になったおじさん』偕成社

第36回課題図書(1990年)
『低学年』
安房直子・文/南塚直子・絵『うさぎのくれたバレエシューズ』小峰書店
長崎源之助・作/村上 勉・絵『とざんでんしゃとモンシロチョウ』あかね書房
八起正道・作『ぼくのじしんえにっき』岩崎書店
さとうわきこ・さく『よもぎだんご』福音館書店
『高学年』
佐藤州男・作『わすれるもんか!』文研出版
那須田淳・作『ボルビィ物語』ひくまの出版
矢部美智代・作『雨あがりのウエディング』講談社
江崎雪子・著『きっと明日は:雪子、20年の闘病記』ポプラ社

第37回課題図書(1991年)
『低学年』
さのようこ・さく・え『ねこ いると いいなあ』小峰書店
ハリエット・ジィーフェルト・ぶん/アニタ・ローベル・え/松川真弓・やく『アンナの赤いオーバー』評論社
あまんきみこ・作『エリちゃんでておいで』佼成出版社
松山史郎/小川 宏・文・写真『糸でいきる虫たち』大日本図書
『高学年』
いずみだまきこ・文『ぼくらのカマキリくん』童心社
立松和平・作/伊勢英子・絵『山のいのち』ポプラ社
http://50595192.at.webry.info/201203/article_16.html
伊沢由美子・作『走りぬけて、風』講談社
岡本文良・作『魔術師のくだものづくり』くもん出版

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • インデックスはこちら♪

    Excerpt: 20作品以上感想を載せている作家さんについては独立してまとめてあります(敬称略) Weblog: 読書感想&日常のつぶやき♪だってそう思っただけ♪ racked: 2017-07-28 12:13