36人めは誰?―ふしぎな教室シリーズ(三田村信行/作・岡本颯子/絵)

このシリーズの三冊目をたまたま読んだ小6の息子が面白かったと言っていたので、シリーズ最初から図書館で借りてみました。
怪談物にも読めますが、友情物にも読めます。いいかも。
今回は、学校ぼっこの登場と、見える子と見えない子がいる理由が書いてありました。
けど、なんで学校にいるのか?とか、学校ぼっこがそもそもなんなのかはまだ分かりません。
最初は学校ぼっこそのものが怖いのかな~と思ったのですが、なんだかかわいいです。
『学校ぼっこは、きみの学校にもいる。でも、学校ぼっこが見えるのは、ほんとうのともだちをさがしているものだけだ。』
ってあるのですが、ということは…
いずれはタケシにも見えなくなっちゃうってこと?
それとも、みんなに見えるときが来る可能性があるってこと?
小学校低学年以上向けです。

36人めは誰? (ふしぎな教室シリーズ)
フレーベル館
三田村 信行

ユーザレビュー:
学校ぼっこはきっとい ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年07月13日 08:37
このシリーズは、娘達も面白く読んでいましたよ^^
次女はこの本のみ怖がっていましたが。
三田村さんの本は、大人が読んでもなかなか面白いですね。
きつねのカギやシリーズ、キャベたまたんていシリーズも面白かったようです。
お茶々
2009年07月13日 22:48
あんまり本を読まない上の子が、たまたま病院の待合室で手にしたシリーズ三作目に食いついていたので、全部借りてみようかと思ってます。
次はおすすめのシリーズも借りてみますね^^

この記事へのトラックバック

  • 『み』から始まる作家さん

    Excerpt: 三浦しをん  ロマンス小説の七日間  http://50595192.at.webry.info/200703/article_50.html  まほろ駅前多田便利軒  http://5059.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-07-11 17:05