少し変わった子あります(森博嗣/著)

少し変わった『子』?というツッコミはさておき、S&Mシリーズの他ではこれが初めて読んだ作品なのですが、なんか、ベースにあるものがおんなじとまでは言わないとしても、似てますね。
11冊読んでみて、楽しむ部分は作品によって異なるのけど、下地には必ず森カラーが使われてるって印象です。
ラストの「おや?」って部分、森さんが好む手法ですね。
あれこれ理屈をつけて考えるのって面白いけど、ずーっとそれやってたら生きることに疲れそう。

少し変わった子あります
文藝春秋
森 博嗣

ユーザレビュー:
森博嗣流宮沢賢治「注 ...
紹介と考察 不思議な ...
読みやすいけど考えさ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




少し変わった子あります
楽天ブックス
著者:森博嗣出版社:文藝春秋サイズ:新書ページ数:246p発行年月:2007年11月この著者の新着メ


楽天市場 by ウェブリブログ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『も』から始まる作家さん

    Excerpt: モーティマー・J・アドラー/チャールズ・ヴァン・ドーレン  本を読む本  http://50595192.at.webry.info/200905/article_14.html モーリス・セン.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-06-26 22:46