はなこ 八月七日にひろったこねこ(なりゆきわかこ/作・垂石眞子/絵)

生きものを飼うって、責任をもつことなんだよなあ、と改めて思いました。
それと同時に、やつあたりってよくない、ってことも改めて思いました。
思い当たることがあって、自分を責め続けちゃう気持ちも分かります。
そういう時って、他人がどんなに「関係ないよ」って言ってくれてもダメなんですよね。
はなこは、これからもずっと一緒。
うんうん、いい終わり方ですね。
おとうとのセリフもいいですね。
一冊を通してずっとネコの愛らしさがとってもよく描かれていて、思わず本をぎゅっとしたくなります。
その分最後は涙涙でした。
ネコ好きは、涙なくしては読めないんじゃないかな…。

はなこ 八月七日にひろったこねこ (ポプラちいさなおはなし)
ポプラ社
なりゆき わかこ

ユーザレビュー:
救われた気持ちになり ...
あったかい気持ちにな ...
しみじみ泣けます愛す ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




はなこ八月七日にひろったこねこ
楽天ブックス
ポプラちいさなおはなし 著者:なりゆきわかこ/垂石真子出版社:ポプラ社サイズ:単行本ページ数:87p


楽天市場 by ウェブリブログ



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『な』から始まる作家さん

    Excerpt: なかがわちひろ  カッパのぬけがら  http://50595192.at.webry.info/200703/article_84.html 中川ひろたか  かいくんのおさんぽ  http.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-06-24 07:53