クワイエットルームにようこそ(松尾スズキ/著)

ぶっちゃけ期待しないで読んだのですが、意外と面白かったです。
とっても砕けた調子で書かれているので、一見軽いだけで中身のない小説に見えますが、言葉の操り方がうまくユニークなコクがあります。
異常と普通の境目って?
自分を客観的に見る目とか、きついね。
けどそこから始まるんでしょうね。
主観的にしか自分を見られない人を異常って言うのかも…なんて思いました。

クワイエットルームにようこそ
文藝春秋
松尾 スズキ

ユーザレビュー:
小説中毒。出だしは、 ...
EEじゃんゲロッた後 ...
後味悪い確かに面白く ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




クワイエットルームにようこそ
楽天ブックス
著者:松尾スズキ出版社:文藝春秋サイズ:単行本ページ数:138p発行年月:2005年12月この著者の


楽天市場 by ウェブリブログ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『ま』から始まる作家さん

    Excerpt: マーイケ・デ・レーウ/リヒャルト・デ・レーウ  ちいさなあかちゃん、こんにちは!  http://50595192.at.webry.info/200807/article_7.html マーガ.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-06-16 20:08