ながいながいへびのはなし(風木一人/文・高畠純/絵)

あたまとシッポ、同じへびでありながら別々の思考を持っています。
あまりの長さにあたまとシッポは滅多に会えず、長く会っていないお互いのことを考え始め、そして急に会いたくなり突然会いに行きます。

もしかすると、このお話って深い?

自分のことって、自分のことでありながら意外と知らないもので、けどそんなこと普段は全然気にしてないで暮らしてて、ある日突然、自分ってこんな人だったけ?と疑問に感じ出したら居ても立ってもいられなくなって…

そんな自分を思い出しました。
考えすぎ?

ながいながいへびのはなし
小峰書店
風木 一人

ユーザレビュー:
身近な人のこと、忘れ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




ながいながいへびのはなし
楽天ブックス
著者:風木一人/高畠純出版社:小峰書店サイズ:絵本ページ数:1冊(ペ発行年月:2001年12月この著


楽天市場 by ウェブリブログ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『か』から始まる作家さん

    Excerpt: カーラ=カスキン  どれがぼくかわかる?  http://50595192.at.webry.info/200810/article_6.html カール・ノラック  わたしはだいじなたからも.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-05-26 09:44