笑わない数学者―MATHEMATICAL GOODBYE(森博嗣/著)

中盤までは、前二作より読み進めるのに時間がかかりました。
けど、電車に乗っていて犀川創平氏が閃いたあたりからどんどんのめりこみました。
自分自身も、同じところでトリックが読めたからかも知れません。(完璧ではありませんでしたが)
今回は、感想を書くのが難しいです(汗)
けど…
自分が何者であるのか定義するのは自分。
周りの者の評価に惑わされて一喜一憂しないことにしました。(謎・笑)

笑わない数学者 (講談社ノベルス)
講談社
森 博嗣

ユーザレビュー:
独特の雰囲気森博嗣先 ...
第3弾 これは、シリ ...
『不定』のリフレイン ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




笑わない数学者
楽天ブックス
純白な論理ミステリ講談社ノベルス 著者:森博嗣出版社:講談社サイズ:新書ページ数:344p発行年月:


楽天市場 by ウェブリブログ



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『も』から始まる作家さん

    Excerpt: モーリス・センダック  かいじゅうたちのいるところ  http://50595192.at.webry.info/200809/article_34.html もきかずこ  うんのいいおばあさ.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-04-05 22:21