老いたる霊長類の星への賛歌(ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア/著)

『序文』
『汝が半数染色体の心』
『エトセトラ、エトセトラ』
『煙は永遠にたちのぼって』
『一瞬(ひととき)のいのちの味わい』
『ヒューストン、ヒューストン、聞こえるか?』
『ネズミに残酷なことのできない心理学者』
『すべてのひとふたたび生まるるを待つ』
の八つの文章および短編からなる一冊です。
私にはちょっと難しかったかな、というのが一番の感想です。
サイエンスフィクションというより、宇宙を舞台としたバイオフィクションかな?
内容は理解できたけど、楽しむ域までいけず残念。
これを心行くまで堪能できる人が羨ましい気がします。

老いたる霊長類の星への賛歌 (ハヤカワ文庫SF)
早川書房
ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア

ユーザレビュー:
ティプトリーの衝撃は ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『し』から始まる作家さん

    Excerpt: JamaisJamais  O型自分の説明書  http://50595192.at.webry.info/200810/article_18.html  B型自分の説明書  http://5.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-03-05 17:18