学参まんが 古事記・日本書紀ものがたり1神々の世界(黛弘道/監修)

かつて、日本人なら読んでみよう、と思って読み始めたものの挫折した古事記・日本書紀(どちだったか忘れました)に再チャレンジをしようと思い、とりあえず漫画を図書館で借りてみました。
うーん、八百万(やおよろず)とは言うけれど神様多すぎ(笑)
『因幡の白兎』『八岐大蛇』など絵本になっているようなお話も含まれていますが…
なんていうか、神様の泥臭いことと言ったらそりゃもう。
気に入ったからと言ってほいほい奥さんもらうし、気入らないからって始末しちゃうし、神々しくないって言っちゃダメ?
けど、だからこそむしろいいのですが。
選んだわけじゃないけど、日本人に生まれたら一度は目を通しておいて損はないお話だと思います。
天皇家が…というのはさておき、でね。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『か』行の作家さん

    Excerpt: カーラ=カスキン  どれがぼくかわかる?  http://50595192.at.webry.info/200810/article_6.html カール・ノラック  わたしはだいじなたからも.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-01-29 09:43