魚河岸ものがたり(森田誠吾/著)

タイトルを見て、「魚河岸風景の話か?」と思いきや、魚河岸に住み人たちとそこにやってきたある人とのものがたりです。
回顧言葉。そして台風の風にあおられる町の風景。
しょっぱなから物語に引き込まれ、さらに、最初のページの中ほどにある、『ひとつの秘密に追われていた。』この一文で私はこの本に釘付けになりました。
魚河岸に住まう人々の気風のよさと、たどたどしいながらも溶け込んでいく吾妻健作。
途中、彼が何から逃げているのかにおわせる部分あり、どんでん返しありの結末。
丁寧に描かれたざっくばらんさと繊細さのバランスも絶妙で、確かな読み応えがありました。
私も前向きにおみくじを手にしてみようかな。

魚河岸ものがたり
新潮社
森田 誠吾

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 私が読んだ直木賞受賞作

    Excerpt: 私が読んだ直木賞受賞作メモです。 既読でも感想が載っていない作品には(無)と記入してあります。 もう一回読み直して感想をアップしたいなあ、とは思ってます。 Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-01-01 16:05
  • 『も』から始まる作家さん

    Excerpt: モーリス・センダック  かいじゅうたちのいるところ  http://50595192.at.webry.info/200809/article_34.html もきかずこ  うんのいいおばあさ.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2009-01-01 16:06