赤い蝋燭と人魚(小川未明/文・酒井駒子/絵)

子供の頃に読んだのは、、もっとひらがなばかりで読みやすくされたものだったと思います。
何で私の手元にあったのか今となってははっきり分かりませんが、その後家になかったところをみると、学校の図書室から借りてきたのかもしれません。
読もうとして手に取ったところに母が現れ、
「それ、悲しいし怖いから好きじゃないなあ」
と言ったのを今でもはっきり覚えています。
はい、確かに、悲しく恐ろしい物語です。
人間はそんなに素晴らしいものじゃないよ、って、
最初のところで人魚に教えてあげたかった。。。

赤い蝋燭と人魚
偕成社
小川 未明

ユーザレビュー:
駒子さんしかいないず ...
美しく悲しい物語小川 ...
人として失ってはなら ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




赤い蝋燭と人魚
楽天ブックス
著者:小川未明/酒井駒子出版社:偕成社サイズ:絵本ページ数:42p発行年月:2002年01月この著者


楽天市場 by ウェブリブログ



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『お』から始まる作家さん

    Excerpt: 及川和男  いのちは見えるよ  http://50595192.at.webry.info/200804/article_27.html 逢坂剛  カディスの赤い星  http://5059.. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-12-14 22:52