阪急電車(有川浩/著)

有川さんの作品は、さくさく読める割にはぴしっと筋が通ってるから好きです。
偶然がまとまりすぎだけど、それを突っ込んだらこのお話は楽しめません。
同じ空間にいても、人はそれぞれの目で物を見て感じ取っているんだな、と思うとなんだか愉快です。
ただ一つの難点は、本筋以上にあとがきが面白いことかな(笑)

阪急電車
幻冬舎
有川 浩

ユーザレビュー:
嗚呼微笑ましい小説。 ...
アイディアはいいたく ...
ほのぼのとしたラブコ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




阪急電車
楽天ブックス
著者:有川浩出版社:幻冬舎サイズ:単行本ページ数:221p発行年月:2008年01月この著者の新着メ


楽天市場 by ウェブリブログ



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『あ』行の作家さん

    Excerpt: 青木和雄、吉富多美、共著   ハッピーバースデー   http://50595192.at.webry.info/200703/article_92.html 青島幸男  人間万事塞翁が丙午 .. Weblog: 読書感想♪だってそう思っただけ♪ racked: 2008-11-14 00:11